若白髪,白髪

若白髪や白髪の原因とは

白髪が出来てしまうのは、頭皮のメラノサイトの機能が低下した事によります。

機能が低下するとメラニン色素を作れないので、毛髪に色を与える事が出来なくなってしまいます。

よって、色の無い毛を作り上げてしまうのです。

それが、白髪です。

メラノサイトが作れなくなる原因は、体調や生活環境による事も影響されていると言われています。

白髪が気になり始めたら、体調や生活習慣を振り返り、見直してあげる事も、白髪対策に大きく繋がります。

白髪が出来てしまうのは、頭皮のメラノサイトの機能が低下した事によります。

機能が低下するとメラニン色素を作れないので、毛髪に色を与える事が出来なくなってしまいます。

よって、色の無い毛を作り上げてしまうのです。

それが、白髪です。

メラノサイトが作れなくなる原因は、体調や生活環境による事も影響されていると言われています。

白髪が気になり始めたら、体調や生活習慣を振り返り、見直してあげる事も、白髪対策に大きく繋がります。

食生活を見直しましょう

毛髪は、食生活に大きく左右される事、ご存じでしたか?

たかが食べ物で髪の毛に影響するわけがない、と思われるかもしれません。

栄養素は、髪の毛に大きく影響させます。

ですので、栄養素をきちんと摂取し、髪の毛の悪い影響を与えないようにする事は、とても大事です。

髪の毛に色を与えてくれるメラニン色素は、頭皮と毛髪に沢山の栄養素が無いと作る事は出来ません。

偏食や無理なダイエットによって、栄養バランスが崩れると、頭皮のメラノサイトがメラニン色素を作る時に必要な栄養を保つ事が出来なくなります。

白髪には、栄養バランスが最も大事という事になります。

偏食をせず、バランスの良い食生活を心がけましょう。

血行不良は、白髪に大きく影響

食生活で栄養素を十分に摂取していても、その栄養素がきちんと血液で運ばれなければ、栄養不足になってしまいます。

血行不良を起こさないように、日々努力をする事は、毛髪にも体にもとても良い事と言えます。

血行不良の1番の原因は、肥満と言われています。

肥満は体内脂肪が高いので、血行を簡単に左右してしまいます。

肥満にならない為には、適度な運動やストレッチを毎日行ってみましょう。

睡眠不足も、血行を悪くさせると言われています。

自律神経のバランスが乱れてしまいますので、全身の血行にも悪影響を与えてしまいます。

睡眠不足をしない為には、早寝早起きが鉄則ですが、寝る時の環境で大きく変わります。

寝る時は真っ暗にし、音を立てない、少しお部屋の温度を下げ気味でお布団に入ると、すんなりと眠気に入れるようになり、室の良い眠りに付く事が出来ます。

TVを付けっぱなしにする、照明器具を付けっぱなしにするという寝方は、例え眠れても質の良い眠りとは言えません。

血液をサラサラにすると、血行が良くなります。

玉ねぎなどの血行サラサラ食べ物を摂取し、血液の流れをスムーズにしてあげる事も良いでしょう。

ストレスを溜めないように

白髪の原因はストレス!と、よく聞きましたよね。

睡眠不足と同様に、ストレスも自律神経を乱してしまいます。

血行が良くなくなり、白髪に繋がってしまいます。

ストレスによる白髪は、こめかみの部分に出来る白髪が大半と言われています。

こめかみに白髪が目立ってきた方は、何らかのストレスの影響でなってしまっている、と思っても良いでしょう。

自分にとって何か楽しい事に没頭をし、ストレス発散をしましょう。

室内にいるよりは、外に出かけて、体を動かしたり太陽にあたると、ストレスが発散されると言われています。

太陽をたくさん浴びると、体も良い意味で疲れますので、夜眠る時に質の良い眠りに付く事も出来ます。