綺麗な自己処理,自己処理注意点

自己処理前は、肌を清潔にする

自己処理は、毛穴や肌が敏感にしてしまいます。

毛抜きやワックスは、毛穴の奥が敏感になり、フリー状態になります。

その他の自己脱毛方法も、肌表面に負担がかかり、とても微感状態になってしまいます。

自己処理後の肌は、とても危険な状態と言えるでしょう。



不清潔な肌のまま自己処理をしてしまうと、雑菌が敏感になった部分に反応をし、赤み等の肌トラブルを簡単に起こしてしまい、とても危険です。



自己処理前は、肌を清潔にしましょう。

お風呂等に入って、きちんと洗い清潔にしてから、自己処理を行いましょう。

除毛前は、必ず皮膚を温める

寒い時期ですと皮膚が硬く、カミソリ等に大きく反応し、余計な角質までも剃り落してしまいます。

暖かい時期ですと皮膚が柔らかくなり、肌が柔軟に動くので、所定の部分のみ剃る事が出来ます。



除毛は、暖かい空間で行いましょう。

寒い時期でも、部屋を十分に暖めると皮膚が柔らかくなるので、除毛時の肌トラブルが起きづらいといえます。



1番良い方法は、除毛前に肌を温める事です。

蒸しタオル等を使って温めると、適度に皮膚が柔らかくなります。

また、お風呂上りも最適と言えます。

しかし、お風呂上りは水分が皮膚に残っているので、少し時間が経ってから除毛を行うと良いでしょう。

剃る時は、必ずシェービングフォームや乳液を

剃る際に、肌滑りが良いと肌に当てるダメージを最小限にとどめる事が出来ます。

何も塗らず剃ってしまうのは、大変危険です。



剃る場合は、シェービングクリームや乳液を塗った上から、カミソリなどを当てるようにしましょう。



石鹸やボディソープの泡等を塗って剃る方がいらっしゃいますが、石鹸やボディソープは大変刺激が強い事をご存じですか?

そんな刺激の強い物を肌に塗った上からカミソリを当てると、間違いなく肌トラブルを起こしてしまいます。

石鹸やボディソープを使って剃るのは、絶対に止めましょう。

剃る時は、剃る部分の皮膚を伸ばしながら

カミソリなどで剃る場合は、剃る部分の皮膚を手で伸ばしながら剃ると、肌トラブルを起こしづらくする事が出来ます。



皮膚は、細かい角質とシワで出来ており、真っ平ではありません。

平らじゃない部分にカミソリを当てると、凸部分にだけ大きく刃が当たり余計に剃ってしまいます。

これらが、剃った時の肌トラブルの大きな原因と言われています。



片手でカミソリを持って、もう片手で皮膚を伸ばしながらカミソリを当てましょう。